不用なものを捨てる「断捨離(だんしゃり)」の意味と方法

「断捨離」という言葉をご存知でしょうか?
「断捨離」とは、物を断ち、捨てて、物から離れるという新しい片付け術のことを指します。
元々、「断捨離」という言葉は、様々な執着をなくし心を穏やかにするというヨガの修行法を元に考えられたものです。
STEP1 自分が使うかどうかを一番の基準として考える
将来使うかもしれないと、取っておいたものは処分しましょう。きっと出番はありません。今の自分が使うものだけを残します。1年押入れやたんすに眠っているものは、この先もずっと眠っています。思い切ることも、時には必要です。

 

STEP2 紙袋のようについつい増えてしまうものは、数量制限を設ける
紙袋にも、キレイ、汚い、可愛いというのがあると思います。そこで数量とお気に入り順を決めておけば次に気に入った紙袋が手に入れば最下位の紙袋はそれと入れ替えるといった方法にすれば、増えることはありません。

 

STEP3 7:5:1の法則を活用
押入れなどの「見えない収納」では、全部詰てしまうのではなく物の割合は7割程度に。ガラスなどの「見える収納」は、美しさも考慮して物の割合はスペースの5割程度にとどめます。物を飾るような「見せる収納」は、物の割合を1割に制限することで、飾ってある物を引き立たせます。

おわりに
捨てることで逆に物の大切さと、それに執着していた自分を知る。
「断捨離」は自分にとって本当に必要な物が見えてくる、片付け術なのかもしれません。

コメントは受け付けていません。