部屋を広く有効に使う方法

あなたの部屋は快適ですか?
いろいろな収納の工夫をすることで、今よりも部屋を広く快適にすることができます。
部屋を広く使うポイントと、お客様が実践していた家具・収納商品をまとめてご紹介いたします。
STEP1 縦の空間をうまく活用する 
縦の空間をうまく利用することで、少ない面積でたくさん収納できるスペースを作ることができます。
縦の空間をうまく使える商品
シェルフ
コーナーラック
壁面収納本棚
つっぱり棒・つっぱり棚

STEP2 クローゼット、押入れの収納スペースをうまく使う
クローゼットや押入れがあるなら最大限スペースを有効活用しましょう。
スチールラックで棚を作り収納ボックスを使いましょう。
クローゼット、押入れ収納の商品
スチールラック
バンカーズボックス
圧縮袋

STEP3大型の家具・家電は一石二鳥を考える
部屋に置く、大きな家具は3つまでにしましょう。(ベッド+デスク+α)
たとえば、ソファは置かないで、ベッドをソファの替わりに使いましょう。
最近では薄型テレビが多いですが、テレビ台が結構スペースを使います。
テレビはパソコンで見れるようにして置かないようにしましょう。
パソコンでテレビを見るにはTVチューナーが必要です。
一石二鳥になる商品
ソファベッド
折りたたみベッド
折りたたみテーブル

STEP4 壁掛け収納インテリアを利用する
壁に密着した収納スペースができるので、部屋を狭くせずに、デスクに散らばってしまうような小物を片付けることができます。
壁掛け収納の商品
100円ショップで売っている壁掛け収納グッズ
壁掛け棚

STEP5 机の下のスペースを利用する
机の下は数少ない収納スペースのひとつです。
キャビネットやPCカートを利用して上手く収納しましょう。
机の下の収納商品
デスク・キャビネット
引き出しユニット

STEP6 ベッドの下を利用する
とにかく部屋が狭いという人は、こちらのロフトベッドがおすすめです。ベッド下にデスクを置くなどして、スペースを有効活用しましょう。子供用が多いロフトベッドですが、大人用もあります。
ベッドの下の空間を活用できる商品
耐荷重120kg大人用ロフトベッド
デスク付ロフトベッド

おわりに
いかがでしたでしょうか。
ほかにも探せば、優れた収納商品がたくさんあると思います。自分にあった最適な家具を選んで、スペースを有効活用してみてください。
不要な物があれば不用品片付買取回収専門のレコプロまでご連絡下さい。

コメントは受け付けていません。