引越し後の片付けがグッと楽になる!荷造りのポイント

引越しの荷造りは、かなりの大仕事です。どうしても、主婦の方々に大きな負担がかかります。引越した後の片付けも大変な作業です。
そこで、引越し後の片付け作業をグッと楽にするために、荷造りの時に家族全員が心がけられる、3つの簡単なポイントをご紹介します。

部屋ごとに番号を振り、箱にも書く

新しい部屋の間取り図をコピーし、すべての部屋に番号を振っていきます。そして、荷造りが完成したダンボール箱の上面と側面の分かりやすい位置に、その荷物を収納する部屋の番号を書きます。
引越し当日は、見やすい位置にその間取り図を貼り、箱に書いてある番号と部屋の番号を確認しながら運びこむと、後から家の中でダンボール箱を移動させる手間を減らすことができます。
※子ども部屋があるときは、お子さんに「あなたの部屋は〇番だから、箱にも◯番と書いておいてね。」と、一声かけておきましょう。

使っていないもの(不用品)を処分する

荷造りをしていると、存在を忘れていたものが次々出てきます。普段の模様替えや衣替えの時に、捨てようかどうしようかと迷っていたものもたくさんあるでしょう。
この際、思い切って不用品を処分してしまいましょう。長い期間使っていなかったもの、「いつか使えるかも…」と思いつつ、ほとんど使う機会のなかったものを捨てるチャンスです。
引越し先の部屋が、今より広くなるか狭くなるかに関わらず、持って行く荷物や家具は少ないに越したことはありません。不用品を処分して後悔することは、実はほとんどないのです。

荷解きしない箱を作る

心配性で処分できなかったり、使わないけれど捨てられない頂き物、書籍、書類などがある場合は、箱詰めして何が入っているか簡単に書き、赤いマジックで大きく「開けない」と書いておきます。
そして、クローゼットや押入れがある部屋の番号を振り、引越し後の片付けの時は、まずその箱を取り出しにくい天袋や、奥のほうに入れていき、普段よく使うものを手前に収納していきましょう。
こうすると、開ける箱が減るので作業時間を短縮できます。いざという時に開けて確認できるのも、心配性の方におすすめしたいポイントです。

おわりに

この3つのポイントを家族全員が頭に入れておけば、引越し後の片付けはとても楽になります。いろいろな手続きなどもあり、どうしてもバタバタする引越しですが、家族が協力する良いチャンスにもなります。頑張ってください!

コメントは受け付けていません。